PR

ちょっと疲れた時は休んでもいい。

休んでもいい ノウハウ
This article can be read in about 2 minutes.

こんにちは。
しょーです。

ちょっと弱気なタイトル?ですが、
あなたの役に立てばと思って書いてます。

実はつい最近、
コロナにかかりまして、、、

そこからというもの。
体調を少し崩し気味でした…
(表ではバリバリ動いてるので気づかれないかもですが。笑)

1回体調を崩すと、
ぶり返しがちですよね。

両親から「ちょっとは休め!」と言われ、
正直はっとしたんですよね。

そういえば、
この頃一切休んでない、と。

遊びに出かけたりはしてるものの
Xのことは常に頭によぎってました。
(直近だとUSJに行きましたね)

コンテンツ販売を本格的に始めて5か月半。
コンサルを受け始めてからは3ヶ月半。

怒涛の毎日すぎて、
休むことを忘れてたんですよね。

最近はありがたいことに特にやることが多く、

  • ある発信者の方との商品作成(6月ローンチ予定)
  • ある実業家の方との事業
  • Xでの自分の発信

を同時並行で進めています。

これに加えて、大学の研究や大学院対策、
正直AIがないと死んでる作業量です。笑

Xを見てると「とにかくやれ!」と
教育が盛んにかけられていますが、

無茶するのだけはいけないんですよね。

もし無理して発信が止まっちゃったら、
もっとフォロワーさんを悲しませることになるので。

それこそAI使わずに
作業量に追われてる人なんかは、

AI使えば「ふっ」って肩が楽になります。

やることが多すぎて頭がパンクしそう…
本業もあるのに副業やったら時間がなくなるじゃないか…
どれだけ作業しても売上が伴わない…

こんなつらい状況から救うために、
僕は「AI×コンテンツ販売の魔導書」を出しました。

僕自身も何度も救われてます。

休まず頑張るところ

休んで身体を休める

この選択は重要です。
というお話でした。

少し休みつつ、
またぶち上げていきます。

1人でも多くの人を
作業地獄から救うために。

―――――

僕は現在、大学生でありながら
情報発信で5か月で300万を稼いで生活をしています。

今では色々な行動をとれている僕ですが、
元々は挑戦が大嫌いで今とはかけ離れた性格でした。

性格が変えられるのは
「ほんの少しのきっかけ」と「環境」

僕は「AI」に出会い、
X」で多くのことを学んで今があります。

自分で言うのもなんですが、
結構変わった大学生活を送ってます。

そんな僕の過去を書いた
自己紹介記事があるので、興味のある方はぜひ。

あなたが少しでも変われる
「小さなきっかけ」になれば嬉しいです。

コメント